HOME > 工法紹介

工法紹介

杭頭免震

免震構造の新世界。本格的「杭頭免震」が可能になりました。
BSL杭頭免震構法は在来構造よりも低コストで、高性能免震。BSLは「回転機構」と「すべり機構」を直列結合した、「回転機構付きすべり支承(Ball-Point SLider)です。
詳しくみる


耐震診断

・ビル、マンション、ホテルの軸耐力補強診断
・木造住宅の耐震診断


耐震補強

SRFは新時代の耐震補強工事です。
伸縮性に富んだ補強材を用いて、万が一大地震で柱の内部が粉々に砕けても構造物を十分に支えることができるようにする工法です。
工事は、天井や床を剥がしたり窓を外すことなく施工でき、安く・早く・簡単確実に補強できます。
詳しくみる


PHC杭工事

従来の工法よりも大きな支持力が得られる高支持力杭工法「Hyper-MEGA工法」、盤改良型の国土交通大臣認定の高支持力埋込み工法である「DYNAWING工法」、STJビットからセメントミルクを高圧噴射して拡大球根を築造する無振動・無騒音工法「STJ工法」など、現場にあわせた数々の工法をご紹介します。
詳しくみる


場所打ち杭工事

杭の先端部を拡底堀削し、先端支持力の増大と堀削士量の減少をはかった経済性の高い「ACE工法」(アースドリル拡底工法)、偏芯撹拌翼スライムポンプにより、従来不可能だった拡底部までのスライム処理が可能にする「EAGLE工法」(アースドリル拡底工法)を行っています。
詳しくみる


岩盤堀削工事

合理性に富んだ新しい掘削システムにより、施工の経済性を大きく高める、全く新しいタイプの岩盤・玉石穿孔機を用いた「ノバルハンマー工法」やケーシングの高い剛性力により、精度の高い掘削と孔壁の崩壊を防止する事ができる「ロックオーガーケーシング工法」などを行っています。
詳しくみる


杭撤去工事

高圧ウォータージェットカッター併用により既存杭と土の摩擦を切って杭を低振動で引き抜く「WJ併用ケーシング圧入工法」や地盤が固く、普通オーガー削孔では不可能の場合もロックオーガー(120H〜240H) とケーシングを併用する事で掘削が可能にする「ロックオーガーケーシング工法」などを行っています。
詳しくみる


鋼管杭工事

既製コンクリート杭の中空部に挿入したスクリューを回転させ、土砂を排土しながら杭を圧入するCMJ工法(中堀り拡大根固め工法)や、幅広いニーズに対応する大臣認定工法のガイアパイル工法・ダクパイル工法(回転圧入工法)を行っています。
詳しくみる


山留め工事

山留工は、地下構造物・埋設物等の施工にあたり、掘削の側面を保護して周囲地盤の崩壊や土砂の流出の防止を目的とした仮設工事です。また、建設機械の作業スペースや工事用車両の通行、資材の仮置スペース等を確保するための作業構台・桟橋の仮設・撤去も行っています。
詳しくみる


地盤改良工事

深層混合処理工法の「テノコラム工法」は免震建物等基礎にも多くの採用実績があります。同じく深層混合処理工法の「Dコラム工法」は自然の土に凝固剤を混入し攪拌することにより起こる固化反応により、高品質で安定したコラム(改良固結体)を構築する工法です。
詳しくみる


地質・液状化調査

サンプラーにより試料採取が出来るので土の性状が正確に把握でき、又、採取試験を各種土質試験にかけることによりさまざまなデータを得ることができる「標準貫入(ボーリング)試験」をはじめ、「スウェーデン式サウンディング試験」「平板載荷試験」も行っています。
詳しくみる


杭打ち・杭抜き工事のご相談は東洋ベース株式会社へ

未掲載の工法もございます。各工法・工事についてお気軽にお尋ねください。

電話での問合せ:092-926-1300

お問合せ・資料請求フォームへ