HOME > 工法紹介 > 場所打ち杭工事

工法紹介

場所打ち杭工事

アースドリル工法
アースドリル拡底工法
  ACE工法 / EAGLE工法
全周回転工法

アースドリル拡底工法

ACE(エース)工法

エース拡底杭工法は、杭の先端部を拡底堀削し、先端支持力の増大と堀削士量の減少をはかった経済性の高い工法です。
アースドリル方式でアースドリル機に専用バケットを装着して杭先端を油圧式で拡大堀削(拡底)する工法です。杭先端を拡大することで高い杭先端支持力を得ることができます。同じ杭先端面積のストレートの杭と比較して、杭軸部を細かくできるため、工期短縮、コンクリートや堀削残土の量を低減することができます。堀削機本体だけで軸部堀削〜コンクリート打ち込みまで全行程の作業が可能なため、比較的狭い敷地条件でも施工可能です。杭底部拡大堀削状況や堀削深度は、オペレータールームのテレビモニターでリアルタイムに確認でき、容易に施工管理が可能です。オールケーシングやリバースなど他工法との組合せも可能です。

※拡底は、最大径φ4,100m/mまで堀削することができます。

  • 拡底を含む堀削全工程をアースドリル工法で行うことが可能。
  • 場所打ち杭3工法による軸部堀削との組み合わせが可能。
  • 拡底堀削の施工管理が容易。
  • 確実な孔底処理。

EAGLE工法

アースドリル工法により軸部の掘削をした後、杭先端部を専用の掘削バケットEAGLE掘削を用い拡大掘削することにより場所打ちコンクリート拡底杭を構築する工法です。

※最小径φ700から最大径φ4700までの施工が可能で、広範囲な杭サイズが選択でき、自由度の高い杭設計・施工が可能です。

  1. 杭の先端支持力が約5倍
    拡底部の面積が軸部の約5倍と従来の3.2倍を大きく上回り、またコンクリートの設計基準強度も42N/mm2まで使用可能です。
  2. 機械式バケット
    油圧ユニットを必要とせず、小バケットで高拡底率の杭を小型のアースドリルで施工可能なため狭い敷地でも工事可能です。 また、外殻構造および先端スタビライザーによってスライムの収納が容易で芯ぶれがない拡幅施工が可能です。
  3. コストの削減
    杭1本あたりの支持力が大きいため、杭の本数が少なくてすみ、掘削土量・コンクリート量など減少できます。その結果工期短縮にもつながります。
  4. 拡底部までのスライム処理
    偏芯撹拌翼スライムポンプにより、従来不可能だった拡底部までのスライム処理が可能です。

杭打ち・杭抜き工事のご相談は東洋ベース株式会社へ

場所打ち杭工事についてお気軽にご質問・ご相談ください。

電話での問合せ:092-926-1300

お問合せ・資料請求フォームへ