HOME > 工法紹介 > 地質・液状化調査

工法紹介

地質・液状化調査

標準貫入(ボーリング)試験
スウェーデン式サウンディング試験
平板載荷試験

地質調査

標準貫入試験(JIS A 1219)は動的な貫入試験であり、原位置における土の硬軟、締まり具合又は土層の構成を判断するためのN値を求めるとともに、土試料を採取する貫入試験法です。
サンプラーにより試料採取が出来るので土の性状が正確に把握でき、又、採取試験を各種土質試験にかけることによりさまざまなデータを得ることができます。採取土を利用して液状化の検討を行う事もできます。

ロッドの先端にスクリューポイントと呼ばれる円錐形のきりを取り付け、地面に突き立て、おもりを乗せて沈み具合を測定します。沈みが見られない場合は、上部に取り付けてあるハンドルを回転させ、25cmごとに何回転したかを計測します。

以前はスウェーデン式サウンディング試験は機材が大きいため、狭い土地の地盤調査は困難でしたが、現在は機材も小さいので狭い土地の地盤調査も可能になりました。

※平盤載荷試験も行っております。

杭打ち・杭抜き工事のご相談は東洋ベース株式会社へ

地質・液状化調査についてお気軽にご質問・ご相談ください。

電話での問合せ:092-926-1300

お問合せ・資料請求フォームへ