HOME > 工法紹介 > 岩盤堀削工事

工法紹介

岩盤堀削工事

ノバルハンマー工法

ノバルハンマーは、岩盤・転石層などの硬い地盤や、一般土質を対象に、基礎杭工事、または仮設工事の土留め工などの施工に適用するものです。ノバル用ビットを孔底に置いて、ノバルコンプレッサーからのエアーをスクリューロッドを通して、ハンマーピストンを往復運動させ先端ビットの衝撃力で岩盤を掘削します。削孔後、ハンマーを引き上げる時、目的に応じてビットの先端より根固め用グラウト注入・充填が出来ます。
また、先端ビットで破砕されたスライム及び土質等の排出は一般的にエアリフト方式で、岩以外の土質地盤には排土に非常に難があり、掘削深度にも影響をきたしている現状です。 この点で、ノバルハンマーは、スクリュー方式を採用し、地層の変化にも十分対応が出来る機構を備えている為、砂、粘土、砂礫、玉石、転石、軟岩など幅広い地層に対応出来ます。
このように、ノバルハンマーは、合理性に富んだ新しい掘削システムにより、施工の経済性を大きく高める、全く新しいタイプの岩盤・玉石穿孔機です。

※セメントミルク等の注入が可能です。


ロックオーガーケーシング工法

PHC杭 及び 鋼矢板、H鋼埋設工事において地盤が固く、普通オーガー削孔では不可能の場合、ロックオーガー(120H〜240H) とケーシングを併用する事により、N値50以上の地層や岩盤(玉石)等の層も掘削が可能です。二軸同軸式のアースオーガーにより、スクリューとケーシングを逆転させながら掘削を行います。
ケーシングの高い剛性力により、精度の高い掘削と孔壁の崩壊を防止する事ができる工法です。
礫層地盤及び岩盤等を掘削でき、その他地中障害撤去(既存地下躯体等)の破砕を行い、新設の山留杭の打設を可能とします。ケーシングとその中のスクリューが互いに逆回転し削孔を行うダブルオーガータイプと、ケーシングとスクリューがそれぞれの独立した減速機にて削孔を可能としたセパレートタイプの2種類があります。

※本工法では、既存杭撤去(破砕)工事においても、対応可能です。

  • ケーシングにより孔壁防護を行うため、周辺地盤への影響が少ない。
  • 岩盤、転石、玉石層の削孔が可能。
  • 鉛直精度の高い施工が可能。
  • 大口径の掘削が可能。

杭打ち・杭抜き工事のご相談は東洋ベース株式会社へ

岩盤堀削工事についてお気軽にご質問・ご相談ください。

電話での問合せ:092-926-1300

お問合せ・資料請求フォームへ