HOME > 工法紹介 > 耐震補強

工法紹介

耐震補強

SRF耐震補強工事

SRFは新時代の耐震補強工事です。

  1. SRFは、ピロティの補強に最も適しています。(阪神大震災の倒壊現場は、80%がピロティです)
  2. SRFで柱の主要部分を包み込むように補強することで、大地震の際の層崩壊を防ぐことができます。
  3. 工事は、天井や床を剥がしたり窓を外すことなく施工できます。

安く、早く、簡単確実に補強できます。

  1. SRFは、伸縮性に富んだ補強材を用いて、万一大地震で柱の内部が粉々に砕けても、構造物を十分に支えることができるようにする工法です。
  2. 地震だけでなく、劣化による剥離防止にも有効です。
  3. 補強材はポリエステル製のテープなので、色々な所に簡単に巻き付けることが可能です。
  4. 臭気も一切ありません。

杭打ち・杭抜き工事のご相談は東洋ベース株式会社へ

耐震補強についてお気軽にご質問・ご相談ください。

電話での問合せ:092-926-1300

お問合せ・資料請求フォームへ