HOME > 工法紹介 > 地盤改良工事

工法紹介

地盤改良工事

深層混合処理工法
  テノコラム工法 / Dコラム工法
浅層混合処理工法

深層混合処理工法

テノコラム工法

独自技術の共回り防止翼を装着した攪拌装置により、原位置で地盤とセメント系固化材を攪拌混合し、軟弱地盤を固めて良質地盤に改良する工法です。

本工法は主に建築物の基礎地盤改良として用いられており、戸建て住宅、集合住宅から大規模ショッピングセンターや超高層建築物まで膨大な実績があります。
また、免震建物等基礎にも多くの採用実績があります。
テノコラム工法を基礎に採用したすべての建築物は「阪神大震災」「新潟中越地震」「能登半島地震」「新潟中越沖地震」といった大震災においても無被害であり、本工法の信頼性が改めて実証されました。


Dコラム工法

自然の土に凝固剤を混入し攪拌することにより起こる固化反応により、高品質で安定したコラム(改良固結体)を構築する工法です。高品質のコラムを造るには、土と凝固剤がマッチしている事と、よく練り混ぜる事が大切な条件となります。

  • 上下逆回転するDウィングの使用により種々の地盤において良好な混練りが実現します。従来の杭打工法に比べ工期が短縮でき低コストでの施工が可能になります。騒音・振動などの公害問題にも配慮した自然に優しい工法です。
  • すぐれた混合攪拌装置(共回り防止翼)によって従来の地盤改良工法にはない高強度の改良体を造ることが出来ます。又、厳正なる施工管理により高品質の改良体を造ります。
  • 施工工程が簡単であり早期に改良効果が得られますので大幅に工期が短縮され、低コストでの施工が可能となりました。
  • 土質を選びません。砂質、粘土、ローム有機質土シルト等あらゆる土質の改良が可能となりました。昨今なにかと関心の高い環境問題にも配慮し、振動、騒音等はもとより地下水汚濁などの二次公害にも周辺に及ぼす影響はほとんどありません。

杭打ち・杭抜き工事のご相談は東洋ベース株式会社へ

地盤改良工事についてお気軽にご質問・ご相談ください。

電話での問合せ:092-926-1300

お問合せ・資料請求フォームへ